お電話でのお問い合わせ03-5787-6623

webからのご予約WEB予約

TREATMENT予防歯科

三軒茶屋マーレ歯科の歯科治療

当院の
予防歯科の特徴

基本的に全ての方に
予防歯科は必要です。

予防歯科の治療にも種類があるため、個々に合ったプランを提案させて頂き、口腔内の環境を良い状態に保ち続けることをお手伝いします。

定期的なメインテナンスに加え、フッ素やPMTC等行うことによって虫歯の予防は可能です。

定期メインテナンスが大切

一生懸命歯磨きをして頂いても、おうちでの歯磨きだけでは落とせない汚れがどうしてもついてしまいます。そのような汚れは専門的な機材を用いて落とす必要があります。

また、もし虫歯や歯周病になってしまっても、検診や定期的なレントゲンによって早期に発見することで、最小限の治療で済み、来院回数、来院期間も大幅に短縮することが可能です。

「歯石」と「バイオフィルム」

歯石 歯垢が付着して2〜3日で石灰化が始まります。歯石は歯ブラシで落とすことはできませんので、歯周病治療の一貫としてスケーリング(歯石取り)を行います。
バイオ
フィルム
染め出しを行った際に、青く着色する部分がバイオフィルムで、長期間付着した状態で膜を張って、歯磨きでは容易に除去することができません。PMTCという手法で一度除去することをお勧めしています。

予防歯科治療について

歯茎(歯周ポケット)の検査

歯と歯茎の間には歯周ポケットと呼ばれる隙間があり、正常な値は2~3mmと言われております。その値を測ることによって歯周病の進行度合いや炎症の有無などを知ることができます。

歯のクリーニング

歯石は歯面に付着した汚れが固まって石灰化したものです。歯に付着しており、それ自体の病原性はありませんが、表面がでこぼこしていて、歯垢が付きやすいため、一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。


「クリーニングの頻度」

歯周病の進行度合いにより異なりますが、1~3ヶ月のサイクルで来院し、安定した歯茎の状態を管理してくことが大切です。

PMTC

PMTCとは?

PMTCは略称のことで「プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング」のことをいいます。

歯磨きをしていても、すでに歯に定着して個人では落とすことの出来ない汚れや、プラークの元となるバイオフィルムを歯科医師、歯科衛生士が専門の機器や技術を使って除去することです。処置を行うことで、虫歯の予防はもちろんのこと、歯周病対策にも非常に効果的です。

また、口臭対策や、歯の健康に役立つ方法としても重要です。定期的にPMTCを行うことによって、歯科治療でどのような治療が必要であるのかを知ることにもつながりますし、自分の口腔内の状況を歯科医師や歯科衛生士からアドバイスを受けることが出来ます。

「PMTCの頻度」

定期的(1~3ヶ月)に受診することによって、最終的に自分の歯の健康を維持する効果が期待できます。また、歯石などの除去を行ってくれることから、口腔内の健康を維持することにも役立ちます。

※ PMTCは保険適用外です。治療リスク:処置中しみる症状が出ることがあります。

PMTCのメリット

  • バイオフィルムを破壊しプラークの再付着を防ぐ
  • フッ素の効果で再石灰化を促進し、歯牙を強化する
  • カリエスリスクや歯周病のリスクなど各患者様の口腔内合わせて専用の器具やペーストを使用可能