お電話でのお問い合わせ03-5787-6623

webからのご予約WEB予約

TREATMENT虫歯治療

三軒茶屋マーレ歯科の歯科治療

虫歯について

虫歯の初期段階では
ほぼ自覚症状がない

虫歯とは、口腔内にいる虫歯の原因菌が口の中の糖分を分解して、歯に付着します。その後、再び糖分を分解して酸を出し、歯を溶かすことで起こるのが虫歯です。

虫歯は初期段階では自覚症状がなく、症状が出た段階では進行しているケースが多くなります。進行すると歯質がどんどん溶かされ痛みも強くなり、治療には費用も時間もかかります。

虫歯ができる原因

虫歯になる原因は歯質、細菌、糖分の3つの要素があると言われています。

歯質は個人により異なり、虫歯になりやすいかどうかを左右します。歯質を強化するためには、歯の再石灰化を促進するフッ化物を利用したり、だ液の分泌を促進するためによく噛んだりすることが効果的です。

キシリトールやフッ化物には、虫歯の原因となる細菌の活動を抑える働きがあります。これらを活用したり、歯科医院でのメインテナンスで歯垢(プラーク)を除去しましょう。

糖分の多い間食が増えると、口の中が酸性になり、虫歯になりやすい状態になります。間食を控えたり、糖分の少ないおやつを選んだり、バランスのとれた食生活を送ることを心がけましょう。

天然歯の大切さ

最近、失ってしまった歯を補う治療法は進化しています。しかし、自分自身の歯に勝るものはなく、自分自身の歯がいちばんだと考えています。歯を抜いてしまったらもう戻ってきません。

そのため、まずは様々な方法で天然歯を残していくことを提案させて頂き、メリットデメリットを理解してもらったうえで方針を決めていきます。

当院の虫歯治療

「歯を削る or 経過観察」

歯に穴が開いてなく、表面が白く濁っている初期の虫歯であれば再石灰化が期待できるため、削りません。

しかし、歯の表面のエナメル質に穴が開いてしまうと再石灰化は期待できないため、削って治療が必要となります。

虫歯の進行度

C1:エナメル質の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶け始めた初期段階の虫歯で痛みはありません。
虫歯の部分だけを削って、プラスチック(レジン)を充填します。

C2:神経に近い虫歯

虫歯がエナメル質の内側の象牙質に達したものです。象牙質はエナメル質に比べ軟らかいため、むし歯の進行が早くなります。冷たいものや甘いものでしみる場合があります。

C1 と同様にプラスチック(レジン)を充填するか、範囲が大きい場合は虫歯を取りきった後に歯型を取り、金属やセラミックの詰め物(インレー)を作り、欠損部を修復します。

C3:神経に到達した虫歯

虫歯が象牙質の内側の歯髄(歯の神経)に達したものです。この段階では、歯髄に細菌が進入し激しい痛みを伴うことがあります。

歯髄の炎症が重度な場合は、歯髄組織を除去した後で、根管内を消毒し、シーリング材を用いて充填します。また、歯髄が死んでしまった歯はもろくなりますので、クラウンなどの被せ物をします。

C4:末期の虫歯

歯冠が溶けて無くなり、根の部分だけが残っている状態です。

C3の場合と同様に治療し被せ物をするか、やむを得ない場合は抜歯します。抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ・入れ歯・インプラントで治療を行う必要があります。