お電話でのお問い合わせ03-5787-6623

webからのご予約WEB予約

TREATMENT入れ歯

三軒茶屋マーレ歯科の歯科治療

入れ歯の種類

全ての歯を失ったときの
総入れ歯

総入れ歯はすべての歯を失った場合に、上あご、下あごまたは両方に入れる、ご自身で取り外しのできる入れ歯です。

総入れ歯

部分的な歯を失ったときの
部分入れ歯

部分入れ歯とは一部の歯を失ってしまった場合に周りの歯にバネをかけて固定する入れ歯です。

部分入れ歯

入れ歯のメリット

  • 保険適用の入れ歯があるため、安価である
  • 外科的な手術が必要ない

入れ歯のデメリット

  • 不安定さがある
  • 装着時の違和感がある
  • 咬む力がインプラントやブリッジに比べて弱い
  • 歯を削る必要がある

当院で取り扱っている入れ歯

保険の入れ歯

レジン床

強度がないため厚くなってしまい、違和感が大きいです。

自費の入れ歯

金属床

金属は薄くでき熱も伝わるため、違和感が少なく、味もわかりやすいというメリットがあります。

ノンクラスプデンチャー

通常金属でできているバネを目立たない材質にすることで、装着していても審美的で目立たない入れ歯です。

完成までの流れ

  • カウンセリング
    治療のご希望や不安なことなどを伺います。
  • 検査
    お口の中をチェックし、現状の口腔内に合った入れ歯の設計をします。
  • 型取り、かみ合わせ取得
    あごの形や頬の動きの型を採って模型を作製し、その模型とかみ合わせを使って入れ歯を製作します。
  • 試着
    仮の入れ歯を装着し、問題がないかを確認します。
  • 装着、調整
    出来上がってきた入れ歯を調整し、使用できるようにします。
  • メインテナンス
    入れ歯を長持ちさせるためには、定期的なメインテナンスが欠かせません。
    お口の中の状態は変化するため、それに合わせて入れ歯も調整します。