お電話でのお問い合わせ03-5787-6623

webからのご予約WEB予約

TREATMENTインプラント

三軒茶屋マーレ歯科の歯科治療

インプラント治療とは

失った歯を補う
“噛める”インプラント治療

人工歯根を顎の骨に植えて、失くした歯を取り戻す方法のことです。 最大の長所は、無くした歯の負担を、残っている健全な歯にかけないで済むことです。欠点としては、簡単な外科手術を行わなければならないこと、自由診療のためお金がかかることです。

当医院ではインプラントを予防の一環としてとらえています。失った歯をインプラントで補うことにより、さらなる欠損を予防するからです。


インプラントをご検討中の方へ

インプラントが決して全てではありません。

失った歯を補う治療法には、主に3つの選択肢があります。

患者様のご希望をベースに、生活習慣、かみ合わせの状況、全身状態その他医学的な見地を考慮した上で、失った歯の機能をどう回復するか治療計画を立てます。

それぞれの治療法にメリット・デメリットがありますので、よく説明・相談のうえ、一緒に検討していきましょう。

当院のインプラント治療の特徴

ストローマンインプラントの使用

当院では世界シェアNo.1のストローマンのインプラントを使用しております。インプラント治療は体内に金属を埋める治療ですので、より安心安全な材料が良いと考えております。

メーカーによってパーツも異なるため、会社が無くなってしまうとインプラントに必要なパーツが手に入らなくなってしまいます。

ストローマンインプラントは、長期的な安全性を示す豊富なエビデンスにより、世界中で高い信頼を得て、国際的非営利学術組織であるITI(International Team for Implantology)の協力によって、学術的に検証された製品を提供しています。

ガイドシステムの使用

ガイドシステムとは、CT撮影で得られた画像でインプラントの埋入シミュレーションを行ない、そのシミュレーションどおりに手術を行えるようにするシステムです。

そのため、ガイドを使用しないと難しいような症例もより安全で正確なインプラント手術が行えます。

CT

当院ではCTを導入しております。そのため、インプラント治療に必要な情報も3次元的に得ることができ、安全で正確な治療を行うことができます。

当院の痛みへの配慮

表面麻酔 歯茎に麻酔の注射前に表面麻酔を塗布することで、注射の針を刺す痛みを軽減することができます。
電動麻酔器 コンピューター制御により麻酔の注入スピードと余計な圧力がコントロールされ、注射時の痛みが最小限で済みます。
細い針 極細の針を使うことにより痛みを軽減します。

治療法の比較

インプラント

虫歯のケア

メリット
  • 自分の歯と同じような感覚で咬むことができる
    (取り外しがなく異物感も少ない)
  • 周りの自分の歯を傷つけず、負担が少ないため、自分の歯を多く残せる
デメリット
  • 簡単な手術が必要(骨の中に人工歯根を埋める手術)
  • 保険外の治療
  • 骨への定着期間が必要(人工歯根と骨がくっつく期間)

ブリッジ

虫歯のケア

メリット
  • 入れ歯と違い、取り外さず固定式なので違和感が少ない
  • 銀歯であれば保険適用のため安価
デメリット
  • 歯を削らなくてはいけない
  • 少ない本数で支えなければならないため自分自身の歯への負担が大きい

入れ歯

虫歯のケア

メリット
  • 保険でできる
  • ブリッジでは治せない大きな欠損も適応となる
デメリット
  • 自分の歯にバネをかけるため、負担がかかる
  • 歯を削らなくてはいけない(ブリッジよりは少ない)
  • ブリッジ、インプラントに比べ咬みにくい
  • 取り外しが必要
  • 異物感がある

インプラントの寿命について

インプラントのもちについて

インプラントは他の治療法に比べ、かなり長期間使用できると言われています。インプラントの平均寿命は、10年から15年となってきています。もちろんなかには20年、35年と長期に渡って問題なく使用できるケースもあります。

インプラントがダメになってしまう理由はインプラント周囲炎によるものです。

インプラント周囲炎とはインプラント周囲に炎症が起こり、歯周病に感染した状態を言います。インプラントは炎症への抵抗力が低いため、歯周病を引き起こすと天然歯に比べ進行しやすくなってしまいます。

インプラントの寿命

また、長期に使用するためには定期的なメインテナンスと歯ブラシによるホームケアが必要となってきます。メインテナンスではレントゲンによるチェック、クリーニング、ブラッシング指導を行います。

また、ブラッシング指導をもとにホームケアをしっかり行って頂くことで、インプラント周囲炎を予防していきます。

上部構造 5年
インプラント 10年

当院では定期検診に通っていただいた場合のみ、保証を適用させて頂きます。また、下記のような場合では、この保証期間内であっても再治療費・修理を有償とさせて頂きますので、あらかじめご了承ください。

  • 1.当院からあらかじめお願いさせて頂いた期間内の定期検診をお受けにならなかった場合
  • 2.患者様ご自身の不注意・外傷が原因の場合
  • 3.患者様ご自身の全身疾患(糖尿病等)が原因でインプラントに不具合が生じた場合

インプラントが難しいケース

重度歯周病

お口の中に歯周病原因菌が多数いる場合にはインプラント周囲炎のリスクが高くなります。

十分な骨が無い場合

インプラントを埋入する箇所の骨が大きく失われてしまっているケースでは難しいことがあります。

周囲の歯に炎症が認められる場合

隣接する歯の周囲に炎症がある場合にはそちらの治療を優先する場合があります。

歯ぎしりくいしばりなどかみ合わせに問題がある場合

インプラント部に過度な力が加わりすぎると寿命を短くしてしまいます。マウスピースなどで予防する必要があります。

重度喫煙者

喫煙により歯周病に罹患する可能性が高くなることと、血流が悪くなるため骨との生着が悪くなります。

その他・全身疾患でインプラントが難しくなるケース

糖尿病 糖尿病は歯周病と関連があり、歯周病が進行しやすい疾患です。そのため、インプラント周囲炎を引き起こしやすくなってしまいます。
代謝性骨疾患
(骨粗鬆症など)
骨粗鬆症などに使用されている薬剤の中にインプラントに適していないお薬がありますので確認が必要です。
チタンアレルギー インプラントにはチタンが使用されています。
免疫不全疾患 ステロイドを服用している場合には易感染性や骨への影響があります。

治療の流れ

インプラント治療の流れ

  • 診察相談(約30分)
    カウンセリングや治療方針、治療費の説明をします。
  • 精密検査(約20分)
    レントゲン、口腔内写真、歯の模型の作製をします。
  • 治療計画の説明(約30分)
    前回までの診断結果の報告と、これからの治療について説明します。
  • インプラント治療の前処置(必要に応じて)
    歯周病の治療や虫歯治療など残っている歯の治療をします。
  • インプラントの埋込手術(30分~1時間)
    インプラントを骨の中に埋め込みます。
  • インプラントと骨の結合安定期間(6~24週間)
    インプラントと骨がしっかり結合するまで約6~24週間待ちます。
    ※骨の状態などで期間が異なります。
  • 安定期間後の2次処置(20分)
    埋まっているインプラントの頭を出し、人工の歯を接続するアバットメントという土台を取り付けます。
  • 人工歯の型取り・装着(30分)
    人工歯の型を取り、歯並びや色をチェックしながら人工歯をつくります。人工歯が完成したら装着します。
  • 治療後の定期チェック(約30分)
    治療が終わった後はまず1週間後に定期検査をします。
    その後はだいたい1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月後に定期検査をします。

インプラント治療後について

インプラント治療後は、基本的には3ヶ月に1度の検診・メインテナンスをお勧めしておりますが、その方の口腔内の状況によって異なります。

検診・メインテナンス時にはクリーニングやインプラント周囲のチェック、ブラッシング指導などを行います。また、なにか異常所見があればレントゲン撮影等でしっかり中まで確認致します。

インプラント治療後について

実際の症例

case 1.

治療前後の写真

治療前

インプラント治療

治療後

インプラント治療
主訴 歯がない所が気になる
治療期間 3ヶ月
治療内容 インプラント